うまか(UMAKA)を愛犬に試した口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

うまか(UMAKA)を愛犬に試した口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

うまか(UMAKA)ドッグフードは、九州産の厳選素材を使用し、無添加・無着色で作られた高品質なフードです。原材料は人間も食べられるグレードで、消化しやすく、栄養バランスが優れています。


特に、香りの良さや食いつきの良さが高く評価されています。子犬からシニア犬まで対応しており、飼い主からの口コミも非常に高評価です。ただし、価格が高めである点には注意が必要です。公式サイトでの定期購入が最もお得です。

著者 飛田 邑貴

愛犬のための水分補給トッピングスープ 「ones」 代表 / フレッシュフードブランド「BIO POUR CHIEN」代表

【経歴】2018年、株式会社gojuonを創業。愛犬のゴールデンレトリバーとの別れをきっかけに、愛犬たちの食事と向き合い、2020年に完全オーガニックフレッシュフード「BIO POUR CHIEN」の代表取締役に就任。2022年、愛犬のための水分補給トッピングスープ「ones」をリリース。現在は、オーストラリアンラブラドゥードルと暮らしながら、手作り食とドライフードと併用。

実際にうまか(UMAKA)を購入して、開封して検証してみました!

愛犬のドライフードを見直すために、気になっていたうまか(UMAKA)のドッグフードを購入してみました。九州産の厳選素材を使用し、無添加・無着色であることが大きな特徴です。


購入前に調べたところ、口コミ評価も非常に高く、多くの飼い主さんから支持されていることがわかりました。お試しの購入ですが、すぐに解約することができるので、通常購入ではなく定期コースで購入しました。


うまか(UMAKA)の粒やフードの匂いなどを確かめるべく、今回は定期購入に申し込んで初回限定価格の3,278円で購してみました。

定期購入といっても届いた後すぐに解約できるので、わざわざ通常価格で購入するのはかなりもったいないと思います。

パッケージの裏面は画像の通りです。うまか(UMAKA)ドッグフードの裏面表示は、飼い主が愛犬に適した食事を提供するための重要な情報がしっかりと記載されています。原材料や成分分析値が明確に記載されているため、安全性と栄養バランスに対する安心感が得られます。


では、早速開封していきます!

うまか(UMAKA)ドッグフードを初めて開封した瞬間、お肉系のおやつのような香りが部屋中に広がりました。ドライフード特有の油っぽい嫌な匂いは一切ありません。


九州産の厳選素材を使用しているだけあって、香りからも高品質がうかがえます。粒は適度な大きさで、しっとりとした質感がありました。愛犬もすぐに興味を示し、興奮気味に袋の周りを嗅ぎ回っていました。

うまか(UMAKA)ドッグフードの粒は、適度な大きさとしっとりとした質感が特徴です。


粒の大きさは、小型犬はもちろん、中型犬から大型犬まで幅広い犬種に適しています。粒の表面には、自然な油分が感じられますが、手に嫌な油がつくことはありません。


🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

トリゼンダイニング うまか ドッグフード

出典: amazon.co.jp

実際にうまか(UMAKA)を、愛犬に与えてみました!

初めてのうまかドッグフード。うちの愛犬は好奇心旺盛で、初めて見る食べ物にも興味津々です。パッケージを開けるとすぐに匂いを嗅ぎつけて尻尾をフリフリ。


フードの形状は普段使っているPOCHIのサーモンとさほど大きさは変わりません。


うちの愛犬は、普段フードでお腹を壊すことはないので、うまかのみで与えていますが、愛犬のお腹が緩くならないよう、新しいフードに突然切り替えるときは、一週間ほどかけて既存のフードから少しずつ切り替えていくと良いでしょう。下痢や軟便、嘔吐などをしにくくなります。

あっという間に完食。とても気に入ったのか、食べ終わった後もフードボウルをぺろぺろした後、パッケージの横から離れませんでした。笑


うまか(UMAKA)ドッグフードは、食いつきが良く、消化吸収も問題なく行われていると思います。徐々に切り替えることで、お腹もビックリせずに適応できるでしょう。

🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

うまか(UMAKA)を愛犬に試して分ったこと!

うまか(UMAKA)ドッグフードを1週間試してみてわかったことは、やはり食いつきの良さと完食することが大きかったです。


毛玉ができやすい体質の犬種ですが、心なしか毎日のブラッシングも楽になったきがします。


栄養バランスが良く、毛並みやエネルギーレベルにも好影響。ただし、全ての犬に合うかどうかは個体差があるため、最初は少量から始めるのがおすすめです。

うまか(UMAKA)のメリット・デメリット

メリット

高品質な原材料:九州産の華味鳥を100%使用し、人間用の食品レベル(ヒューマングレード)で製造されています。

無添加:人工添加物、着色料、保存料を使用せず、安全性が高い。

栄養バランス:必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれており、愛犬の健康維持に適しています。


消化しやすい:小麦グルテンフリーで、消化器系に優しい。

嗜好性:愛犬の食いつきが良く、食べ残しが少ない。

デメリット

価格が高い:他のドッグフードに比べて高価です。


一部の犬に合わない可能性:鶏肉アレルギーの愛犬にはおすすめできません。

ポイント

うまか(UMAKA)ドッグフードの最大の悩みポイントは、「価格の高さ」です。自分もさまざまなプレミアムフード、フレッシュフードなどを試して実際に与えてきましたが、少し高価なフードの部類になるかと思います。


しかし、ブランド鶏の生肉を使用し、国産品がメインのため、価格が高いのは理解できます。またその分、クオリティが高く価格以上の満足感があります。


愛犬により良い食事を与えたいと考える、飼い主様には最適です。


🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

うまか(UMAKA)の口コミや評判ってどうなの?

うまか(UMAKA)の良い口コミ

うまか(UMAKA)の悪い口コミ

※※※悪い口コミは現在調査中です※※※

うまか(UMAKA)の口コミ・評判まとめ

うまかドッグフードは、高品質な国産素材を使用しくいつきが良いこと、無添加である点が評価されています。


特に、涙やけや毛艶の改善が見られること、食べムラの解消に役立つ点が好評です。ただし、価格が高めであることや、一部の犬には好まれない場合がある点がデメリットとされています。


飼い犬の好みや健康状態に応じて、試してみる価値がある商品と言えるでしょう。


🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

【最安値はどこ?】公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較


公式サイト Amazon 楽天
通常購入 5,478円
5,915円
6,980円
定期購入
(初回)
2,778円
(50%OFF)
定期購入 4,930円
(1.5kg×1袋)

4,382円
(1.5kg×2袋以上)

送料 935円
※9,000円以上は無料
※定期購入初回は無料
無料 無料

公式サイト、Amazonと楽天の3社の価格を「通常購入」「定期コース」で比較してみました。

うまか(UMAKA) ドッグフード

出典: amazon.co.jp

🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

うまか(UMAKA)購入方法別の価格比較

調査した結果、うまかドッグフードを最も安く購入できるのは公式サイトであることが分かりました。そのほかにもamazon、楽天での販売は行われています。以下の購入方法が推奨されます。

  1. 公式サイト :

    • 定期購入:公式サイトの定期購入プランを利用することで、最もお得に購入できます。定期購入の場合、通常価格よりも割引が適用される上、送料無料などの特典もあります。継続して購入する場合は、公式サイトの定期購入が明らかに安くなります。
    • 通常購入:公式サイトからの単品購入も可能ですが、送料がかかるため、継続購入を考える場合は定期購入の方が経済的です。
  2. Amazon 

    • 単品購入はAmazonが最も手軽で、場合によっては送料込みで公式サイトよりも安くなることがあります。ただし、長期的に見ると公式サイトの定期購入の方が安価です。

結論

  • 長期的に安く購入するには:公式サイトの定期購入を利用するのが最もお得です。
  • 一度試してみるには:送料込みの価格を考慮すると、Amazonでの購入が便利です。

🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

うまか(UMAKA)は子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

うまか(UMAKA)をシニア犬に与えるのは平気?

うまかドッグフードはシニア犬にも適しています。うまかドッグフードは全犬種・全年齢対応の総合栄養食として設計されており、シニア犬にも必要な栄養素がバランスよく含まれています。


また、シニア犬には、活動量や健康状態に応じて適切な量を調整することが重要です。過剰なカロリー摂取を避けるため、フードの量を適切に管理しましょう。


しかし特定の健康問題がある場合は、獣医師に相談してから新しいフードを導入することをおすすめします。

うまか(UMAKA)を子犬に与えるのは平気?

うまかドッグフードは子犬にも適しています。全犬種・全年齢対応なのはもちろんのこと、総合栄養食として設計されているため、子犬に必要な栄養素もバランス良く含まれています。


成長期の子犬に必要な栄養素がしっかりと配合されており、健康的な成長をサポートします。消化の良さと風味の良さも、子犬の健康維持に役立ちます。


子犬の場合、消化吸収を助けてあげるためにも、お湯やお水などでふやかして与えるとより良いでしょう。

うまか(UMAKA)の給餌量は1日どれくらいが正しい?


体重 〜生後4ヶ月 生後4~9ヶ月 生後9~12ヶ月 成犬
1~3kg 60~137g 50~114g 40~91g 27~85g
4~6kg 170~230g 142~192g 113~153g 77~142g
7~9kg 258~312g 215~260g 172~208g 117~193g
10~12kg 338~387g 281~323g 225~258g 153~240g
13~15kg 411~458g 343~381g 274~305g 186~283g

公式サイトとパッケージ裏面表示を元に、年齢と体重から推奨される給与量をまとめてみました。


また、愛犬ごとの年齢やステージごとの注意点を紹介します。

子犬(パピー)の場合の注意点

子犬は1日に3〜4回の小分け食が推奨されています。成犬に比べて消化能力が未熟なため、一度に大量の食事を与えると消化不良を起こす可能性があります 。


新しいフードに切り替える際は、徐々に行います。旧フードに新フードを少しずつ混ぜて、1週間ほどかけて完全に切り替えるようにします。これにより、消化器系のトラブルを防げます 。


子犬の健康状態に応じて適切な食事を提供し、成長を見守りましょう。



成犬の場合の注意点

成犬の体重、活動レベル、年齢に応じた適切な量を与えることが必要です。過剰なカロリー摂取は肥満につながるため、メーカーの推奨量を参考にしつつ、体重の増減や体調を見ながら調整します。


体調に関する悩みがある場合などは、定期的に獣医師と相談し、適切な食事管理を行うことが大切です。

老犬(シニア)の場合の注意点

老犬は成犬よりも活動量が減るため、カロリー摂取を調整する必要があります。過剰なカロリー摂取は肥満や関連する健康問題の原因となるので、体重や体格を確認しながら与えすぎないようにしましょう。


シニア犬は、消化器系の機能が低下することがあるため、フードに水分を追加して消化しやすくしてあげるのも良いでしょう。

【まとめ】うまか(UMAKA)はこんな犬や飼い主におすすめ

うまか(UMAKA)のおすすめポイント

安心な原材料:人も食べられるグレードの国産品をメインに使用。特に九州産の華味鳥を100%使用し、安全性を確保。

健康サポート:ビフィズス菌とオリゴ糖を配合し、愛犬のお腹の調子をサポート。さらに、グルコサミンとコンドロイチンを配合して関節の健康維持に貢献

アレルギー対策:小麦グルテンフリーで食物アレルギーに配慮。香料・防腐剤・抗菌剤などの合成添加物は不使用。

品質管理:GMP認定、ISO22005認証、HACCP認証の工場で製造され、徹底した品質維持が行われている。

犬に優しい:オイルコーティングされておらず、犬の体に優しい。小さめの粒で、口の小さな犬でもスムーズに食べられる。

食いつきの良さ:人が食べても「おいしい」と感じられる味わいで、犬の食いつきを追求。

制約:鶏肉や穀物にアレルギーがある犬には適していない。


うまか(UMAKA)ドッグフードは、犬の健康を最優先に考え、「ヒューマンドッグフード」を超える品質を追求しつくられた優れたフードです。特に、自然豊かな環境にある直営養鶏場で育てられたブランド鶏の新鮮な生肉のみを使用している点からも、その選定に対するこだわりがうかがえます。


主な原料は人間も食べられるグレードの国産品で構成されており、鶏肉以外の原料の仕入れ先や産地についての詳細な記載はないものの、その品質の高さから愛犬に与えても問題はないと考えられます。


さらに、うまかは小麦グルテンフリーで食物アレルギーに配慮しており、香料・防腐剤・抗菌剤などの合成添加物を使用していないため、犬の健康に対する強いこだわりが感じられます。


また、GMP認定、ISO22005認証、HACCP認証を取得した工場で製造されており、品質管理が徹底されている点も評価に値します。これほどまでに品質維持を徹底しているメーカーは非常に珍しく、うまかの信頼性と安全性を高めています。


このように、うまかドッグフードは高品質な原材料を使用し、犬の健康を最優先に考えた、安全で信頼性の高い製品と言えるでしょう。

🐶↓【限定】初回2,778円!定期50%OFF!↓🐶

ブログに戻る