【愛犬と検証】このこのごはんの口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

【愛犬と検証】このこのごはんの口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

このこのごはんは、愛犬の食いつきを重視して開発されたドッグフードです。添加物はビタミン類とミネラル類のみで、人工添加物や保存料、酸化防止剤は使用されていません。健康維持に効果的な食材を配合しており、愛犬の食事にこだわる飼い主さんにおすすめです。


実際に購入して食いつきや特徴、成分、使いやすさなどを調査し、注意点も含めて解説します。


著者 飛田 邑貴

愛犬のための水分補給トッピングスープ 「ones」 代表 / フレッシュフードブランド「BIO POUR CHIEN」代表

【経歴】2018年、株式会社gojuonを創業。愛犬のゴールデンレトリバーとの別れをきっかけに、愛犬たちの食事と向き合い、2020年に完全オーガニックフレッシュフード「BIO POUR CHIEN」の代表取締役に就任。2022年、愛犬のための水分補給トッピングスープ「ones」をリリース。現在は、オーストラリアンラブラドゥードルと暮らしながら、手作り食とドライフードと併用。

実際に「このこのごはん」を購入し開封して、検証してみました!

SNSで話題の「このこのごはん」。気になっていたので、定期コースで初回お試し購入してみました。


定期コースでは通常購入より15%オフで購入でき、一回の購入でも解約・停止が可能です。しかし、解約しないと自動更新で2回目の配送が2週間後に2袋届くので注意が必要です。


初回購入後、3日で商品が到着。その3日後には2回目の配送の仮決済が実行されます。初回決済から2週間後に2回目の配送があり、少し早すぎると感じました。10日前までに解約が必要で、商品が届いた段階で次回の決済・配送が完了するため、意図せず注文してしまう可能性があります。


また、2回目からは送料が850円かかります。2回目以降は袋数やお届け間隔を愛犬の食べるペースに合わせて変更できるので、忘れずに変更しましょう。

開封後、商品と一緒に入っている同梱品の多さに驚きました。販売者の方の思いが伝わってきます。手書きのお手紙も同封されていました。


商品の説明はもちろん、食べなかった時の相談方法やアレンジ方法なども詳しく記載されています。何かあった時に相談できる環境が整っているのは非常に安心です。

パッケージの裏を確認すると、犬の健康に欠かせない低脂肪な動物性タンパク質がたっぷり配合された国産ドッグフードであることが分かります。


主原材料は鶏肉(ささみ、胸肉、レバー)で、どの部位を使用しているか明確に記載があり安心です。その他にも鹿肉やマグロなど良質なタンパク質源が含まれています。


また、タンパク質の分解を助ける青パパイヤがバランスよくミックスされています。青パパイヤは腸内ビフィズス菌を活性化させるため腸活におすすめです。脂質・糖質も分解するため、わんちゃんの日々の健康のためにも取り入れたい食材の一つです。さらに、アレルギーや炎症を抑える作用もあります。

早速商品を開封しました。香りはお肉よりも鰹節やマグロの魚の香りが強く、ドライフード特有の独特な匂いはありません。優しい出汁のような香りですが、しっかりとした香りがあるので、愛犬たちの食いつきは良さそうです。


粒の大きさは約1cmで、普段与えているフードと比べると少し大きく感じました。極小犬やパピーなど、気管が弱い子には注意が必要です。


また、サイトにも記載があるように、無添加のためフードが繋がって固まっている粒がありました。噛まずに丸呑みする犬たちは、稀に喉にフードが詰まることがあるので注意が必要です。手で押すとすぐにバラバラになるので、私は特に気になりませんでした。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

コノコトトモニ このこのごはん【初回定期】

出典: 公式サイト

実際に「このこのごはん」を愛犬に与えてみました!

いつもと違うフードに興味津々!美味しい香りにつられてダッシュで足元に寄ってきました。


「食いつき抜群!」いつものフードより粒が少し大きく硬いため、途中顔をあげて噛んでいる様子がうかがえましたが、止まることなく、完食。食べ終わった後もキレイにお皿を舐めていたので愛犬は気に入った様子でした。

フードの大きさなどが気になる場合は、水分を含ませて柔らかくして与えると良さそうです。鰹節の良い香りがさらに強まり嗜好性もUPします。固まらないように注意してくださいね。


うんちも良好で、臭いも気になりませんでした。継続的に続けていますが、体調の変化などは特にないので安心して与えていけそうです。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

「このこのごはん」のメリット・デメリット

メリット

原材料が安心できる食材:不透明な食材の表記の仕方は一切なく、高タンパク質な鶏ささみや鹿肉を使用し、低脂肪な動物性タンパク質を摂取可能。

カロリーが低い:栄養満点で低脂質のため、ダイエット中の小型犬にはとてもおすすめ。

老廃物の排出に優れている:モリンガ、さつまいも、乳酸菌はお通じ改善に優れています。食物繊維が豊富で老廃物の排出を促し、乳酸菌が腸内の悪玉菌を減らして腸内環境を整えます。物を作り出しにくくする成分が含まれます。

食いつきが良い:鰹節の香りが広がり、魚の香りが好きな犬にとても相性が良く、嗜好性が高いフードです。


デメリット

保存期間が短く、管理が面倒:無添加ゆえに1年間の品質保障は、「未開封」の場合のみ。密閉容器に入れて1カ月以内で食べきるように。とされています。保管方法が簡単なドライフードを望む人には不向き。

粒の大きさにばらつきがある:小型犬が食べやすい7-9mmとありますが、実際は1cm近くある粒も含まれます。極小犬やパピー、シニアのわんちゃんには気管に詰まったりするので避けるのが無難。口コミなどにも粒が大きいとの記載があったので注意が必要。

コストが高い:プレミアムフードで価格が高く、中型犬や大型犬にはコスト高

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

「このこのごはん」の口コミや評判ってどうなの?

「このこのごはん」の良い口コミ

「このこのごはん」の悪い口コミ

※※※悪い口コミは現在調査中です※※※

「このこのごはん」の口コミ・評判まとめ

「このこのごはん」に関する口コミは総じて高評価です。無添加で人工添加物や保存料を使っていない点が安心とされ、鰹節やマグロの香りが強く、食いつきが良いと評判です。


涙やけの改善や毛艶が良くなるなどの健康効果も報告されています。一方、保存期間が短く、開封後は1ヶ月以内に消費する必要があるため、管理が手間との声もあります。価格が高めで、特に中型犬や大型犬にはコストがかさむという意見もありますが、品質の高さで満足している飼い主が多いです。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

【最安値はどこ?】公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較



公式サイト Amazon 楽天
初回購入 ¥3,278(1kg)
定期購入 ¥6,556(1kg×2袋)
通常購入 ¥3,850(1kg) ¥4,900 ¥4,900
送料 ¥850
※初回は¥10,000以上で無料
無料 無料

公式サイト、Amazonと楽天の3社の価格を 「通常購入」  「定期コース」 で比較してみました。

「このこのごはん」購入方法別の価格比較

調査した結果、「このこのごはん」を 最も安く購入できるのは公式サイトであることが分かりました。 そのほかにもamazon、楽天での販売は行われています。以下の購入方法が推奨されます。


  1. 公式サイト :

    • 定期購入: 公式サイトの定期購入プランを利用することで、最もお得に購入できます。定期購入の場合、通常価格よりも割引が適用される上、送料無料などの特典もあります。継続して購入する場合は、 公式サイトの定期購入が明らかに安くなります。
    • 通常購入 :公式サイトからの単品購入も可能ですが、送料がかかるため、 継続購入を考える場合は定期購入の方が経済的です。
  2. Amazon

    • 単品購入はAmazonが最も手軽 で、場合によっては送料込みで公式サイトよりも安くなることがあります。ただし、長期的に見ると公式サイトの定期購入の方が安価です。

結論

  • 長期的に安く購入するには: 公式サイトの定期購入を利用するのが最もお得です。
  • 一度試してみるには: 送料込みの価格を考慮すると、Amazonでの購入が便利です。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

「このこのごはん」は子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

「このこのごはん」を老犬(シニア犬)に与えるのは平気?

モリンガやさつまいも、乳酸菌が腸内環境の改善に役立ち、消化がスムーズになるため、シニア犬にも適しています。


ですが、粒が約1cmとやや大きめなので、噛む力が弱いシニア犬には注意が必要です。必要に応じて水分を加えて柔らかくすることを検討してください。

「このこのごはん」を子犬(パピー)に与えるのは平気?

「このこのごはん」は小型犬のパピーにはあまりおすすめできません。粒が大きく硬いため、気管が未発達な子犬には詰まる危険があります。


他のフードと組み合わせてトッピングとして使う場合は問題ありませんが、粒の大きさや固まり具合には注意が必要です。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

「このこのごはん」の給餌量は1日どれくらいが正しい?

体重 1~3kg 4~6kg 7~9kg
~生後4ヶ月 61~140g 173~235g 263~318g
生後4~9ヶ月 51~116g 144~196g 219~265g
生後9~12ヶ月 41~93g 115~156g 176~212g
成犬1~2歳 38~86g 107~145g 163~197g
成犬3~6歳 32~73g 91~123g 138~167g
成犬7歳以上 28~63g 78~106g 119~144g

子犬(パピー)の場合の注意点

子犬は1日に3〜4回の小分け食が推奨されています。 成犬に比べて消化能力が未熟なため、一度に大量の食事を与えると消化不良を起こす可能性があります 。

新しいフードに切り替える際は、徐々に行います。旧フードに新フードを少しずつ混ぜて、 1週間ほどかけて完全に切り替えるようにします。 これにより、消化器系のトラブルを防げます 。

子犬の健康状態に応じて適切な食事を提供し、成長を見守りましょう。


成犬の場合の注意点

成犬の体重、活動レベル、年齢に応じた適切な量を与えることが必要です。 過剰なカロリー摂取は肥満につながる ため、メーカーの推奨量を参考にしつつ、体重の増減や体調を見ながら調整します。

体調に関する悩みがある場合などは、定期的に獣医師と相談 し、適切な食事管理を行うことが大切です。

老犬(シニア)の場合の注意点

老犬は成犬よりも活動量が減るため、カロリー摂取を調整する必要があります。過剰なカロリー摂取は肥満や関連する健康問題の原因となるので、体重や体格を確認しながら与えすぎないようにしましょう。

シニア犬は、消化器系の機能が低下することがあるため、フードに水分を追加して消化しやすくしてあげる のも良いでしょう。

「このこのごはん」はこんな犬や飼い主におすすめ

「このこのごはん」が向いている愛犬の特徴

原材料にこだわり身体に優しいフードを探している方


無添加でオイルコーティングなどもなく安心して与えることができる商品が良い方


ヒューマングレードの商品が良い方

小型犬でダイエット中わんちゃん

腸活を意識しているわんちゃん

硬いフードを食べ慣れているわんちゃん

室内飼いの運動量の少ない小型犬

一番気になった点が、小型犬向きのフードとしては、粒の大きさと粒同士が固まっていることがあること。形を綺麗にする凝固剤を使用していないので、しょうがない点でもありますが、気になる方は多いのではないのでしょうか。


少し歪な粒があったり、固まっていても気にならない方にはおすすめです。

無添加のプレミアムフードなので品質の安全性や、原材料の配合は、最高レベルに良く、愛犬の健康をよく考えられていると感じました。


実際に継続して与える方の中で涙やけの改善や毛艶がよくなったなどの口コミも多数確認ができました。


SNSでやサイト内で、商品についての説明やお役立ち情報がたくさんあるので情報収集はしやすいのが印象です。実際のレビューなども参考になりました。


発送の際にLINE連携がされているため、商品の発送・到着情報もLINEで確認できるのでとても便利です。

🐶↓ 【限定】初回3,278円!定期15%OFF!↓🐶 

ブログに戻る