カナガンチキンを愛犬に試した口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

カナガンチキンを愛犬に試した口コミと評判! 安全性とフードの特徴を徹底検証【悪評は?】

大人気のモグワンと販売元が同じ(株式会社レティシアン)カナガン。どちらも世界的に有名なイギリス産の高品質ドッグフードです。モグワンと同様で、たくさんの口コミが溢れています。良い口コミから悪い口コミが溢れる中、実際のカナガンの安全性や商品の特徴など、実際に購入してまとめました。


また、モグワンとは何が違うのか?口コミなどをみる限り、カナガンとモグワンではモグワンの方が人気で品質も上のように感じますが、実際はどうなのでしょうか。簡単にモグワンと比較しながらカナガンのフードについて解説します。

実際に"カナガン"を購入して、開封して検証してみました!

カナガンのドライフードは、サーモンとチキンの2種類。今回は、チキンを購入しました。チキンアレルギーがある子もサーモンを選ぶことができるので嬉しいですね。(その他のアレルギーについては原材料を確認してください。)カナガン、モグワンどちらも全犬種、全年齢対応です。


定期コースで購入したので、通常よりも20%OFFでお得に購入できました。すぐに解約も可能なので食いつきなどを確認したい方はお安く定期コースで購入するのをおすすめします。以前モグワンを購入したことがあるので、そのデータが紐づいていて住所やカード番号の入力などはなく、スムーズに購入できて楽でした。

モグワンが届いたときと同様の、レティシアンオリジナルの段ボールで届きました。段ボールにデザインが施されているものはあまりないので手が込んでいるのが伝わりますね。

カナガンは内容量が2kg。モグワンは1.8kgなので少し多め。袋の大きさはほぼ一緒です。

モグワン購入時についてきた計量スプーンがカナガンにも入ってます。同梱品もモグワンほどではないですが、たくさん同封してあります。

裏面にはフードのこだわりと原材料、右横に給与量と給与方法が記載されています。原材料を確認したところ、チキン生肉が26%、乾燥チキンが25%が入っており、60%がチキンなどの動物性原材料、残り40%が野菜やハーブ、果物などがバランスよく配合されています。

早速開封!パッケージが硬く、切り口がありますが手で開けづらくハサミを使用。私は手では開けられませんでした。


内側に保存用のジッパーがついてます。モグワンと同様にマジックテープ式かと思いましたが、カナガンは普通のダブルジッパーでした。開けたときに細かい粒子がチャックにたくさんついているのが少し気になりました。

フードの香りは、私は苦手。結構鼻にツンとくる香りです。モグワンも嫌な匂いでしたがカナガンの方がより強い独特な匂いです。犬はすぐに近づいてきたので好きな香りだと思います。

粒の大きさは、約1cm。どの粒も大体1cm未満なので小型犬も安心して食べることができそうです。形はモグワンと同様のドーナッツ型。並べてみましたがほぼ同じ。(左:モグワン、右:カナガン)

どちらも硬いので手で割ることはできないですが、ドーナツ型なので食べるときに噛むとすぐに割れて小さくなると思います。喉に詰まったり食べにくさはない形ですね。


手にとってみましたが、ベトベトはしませんがやはり細かい粒子は付きます。手にも臭いがつくので香りはかなり強いです。

レティシアン カナガンドッグフード

出典: 公式サイト

"カナガン"の特徴

特徴1:高タンパク質

良質なタンパク質を贅沢に使用し、50%以上がチキンなどの動物性タンパク質。高タンパク質なので成長期、活動量が多い犬におすすめ。

特徴2:グレインフリー

穀類は一切不使用で身体に優しいグレインフリー。穀類の代わりにさつまいもやえんどう豆を配合。

特徴3:ヒューマングレードの高品質食材

ヒューマングレードの食品工場で加工された食材を使用。人も食べることができる新鮮で上質な食材を厳選しています。

特徴4:高品質な放し飼いチキン

主原料で使用されている生肉のチキンと乾燥チキンは、のびのびと放し飼いで育てられた高品質なチキン。

特徴5:小型犬が食べやすいドーナツ型の小粒サイズ

子犬や小さな小型犬でも負担なく食べれるように小粒でドーナツ型、口の小さな子や気管が細い子、噛む力が衰えたシニア犬なども心配なく食べることが可能です。

特徴6:バランス良い栄養素の配合

チキンなどの動物性タンパク質が60%、それ以外は野菜やハーブ、果物などが40%。食物繊維が多い野菜や海藻、マリーゴールドやハーブ類なども配合されているので栄養素をバランスよく摂取することが可能。

特徴7:人工添加物は一切不使用

保存料、香料、着色料などの愛犬の身体に不要な添加物は一切不使用。

特徴8:世界各国で人気

イギリス産高級ドッグフードとしてカナガンは、世界45ヵ国で愛用されています。世界中の愛犬家から絶賛される高評価のフード。

実際に"カナガン"を愛犬に与えてみました!

食いつき良好。問題なく食べてくれました。


モグワンや普段与えているフードと比べると、タンパク質29%以上・脂質15%以上・カロリー376kcalと栄養価が高め。栄養と給餌量を普段と同じ感覚で与えてしまうと太ってしまう可能性があるので、しっかり量を調整して与えましょう。うちの子は、中型犬で運動量も毎日結構あるのでフードとの相性は良さそうです。

その後のうんちの状態や体調にもとくに変化はありませんでした。フードの量を調整したからか、身体に栄養が吸収されているのかうんちは少し小さくなりました。


確かに匂いは気になりますが、犬たちからすると嗅覚を刺激される臭いでとくに与える分には気になりませんし、原材料や栄養素バランス、食べた後の体調をみてもネットなどにある悪評の印象を感じませんでした。愛犬の身体に悪い成分や添加物などもとくにないので、継続して与えたいと思います。


ダイエット中なので、給餌量に注意して、満腹感を出すためにトッピングで野菜のスープなどのヘルシーなスープと一緒に与えると良いです。フードの独特な臭いもスープなどと一緒の場合、あまり気にならずに与えられました。

レティシアン カナガンドッグフード

出典: 公式サイト

"カナガン"のメリット・デメリット

メリット

良質なタンパク質を摂取できる

新鮮で良質な生肉を使用していて、人間ももちろん食べることができる品質レベルなので安心して与えることができる。

添加物一切不使用

愛犬の身体に不要な人工添加物は一切不使用。

小粒で食べやすい

口の小さな小型犬や、気管が狭い子でも問題なく食べれる小粒サイズ。ドーナッツ型なので簡単に割れるので、噛む力が弱い子でも安心して食べれます。

関節ケアに優れる

足腰の関節維持に欠かせない、グルコサミンやコンドロイチン硫酸などを配合。シニアになると大半の犬たちが抱える関節の問題を食事でケアできます。

バランスが良い豊富な栄養素

EPAやDHAを含むサーモンオイルやオメガ3脂肪酸を含む海藻、必須脂肪酸や食物繊維などさまざまな栄養を摂取することができます。犬の体内で作ることができないオメガ3脂肪酸が摂れるのでわざわざ添加する手間などが省けます。

Amazonや楽天なのでサイトで購入可能

公式サイトから購入するのが一番安価ですが、Amazonや楽天、Yahooでの購入も可能ですので単発での購入やポイントを利用したい方などには便利です。

デメリット

コスパがあまりよくない 

高品質のフードと考えると妥当な価格だと思いますが、もう少し手頃なお値段だと良いですね。

アレルギーになりやすい食材がある

カナガンは、卵とじゃがいもを使用しています。アレルゲンとなりやすい食材なので、アレルギー反応が出る犬は注意が必要です。

鶏肉アレルギーはNG 

主原料に鶏肉を使用しているので、鶏肉アレルギーがあるわんちゃんは避けるのが無難です。サーモンが主原料のフードがあるのでそちらを選びましょう。

お試しパックがない 

内容量が2kgしかないため気になって使ってみるのにも少しハードルが高いかも。切り替えなどを考えるとなかなか消費に時間がかかりそう。

脂質脂肪酸の酸化に注意 

添加されている脂質脂肪酸は酸化しやすいため、できるだけ早く使い切るか小分けにして真空パックで保存、またはジップロックなどの保存袋に乾燥剤と脱酸素剤を一緒に入れて保管することが必要。保管が少し手間ですね。

"カナガン"の口コミや評判ってどうなの?

"カナガン"の良い口コミ

"カナガン"の悪い口コミ

"カナガン"の口コミ・評判まとめ

レティシアン カナガンドッグフード

出典: 公式サイト

【最安値はどこ?】公式・Amazon・楽天の価格を徹底比較


公式サイト Amazon 楽天
定期購入(一袋あたり) 税込4,534円
(2kg×1袋)
税込4,282円
(2kg×2~4袋)
税込4,030円
(2kg×5袋以上)
通常購入 5,038円 5,918円
送料 税込880円



※まとめて3個以上(税抜10,000円以上)の場合は送料・代引き手数料無料
無料

公式サイト、Amazonと楽天の3社の価格を「通常価格」「定期価格」で比較してみました。

"カナガン"購入方法別の価格比較

調査した結果、"カナガン"は公式サイト、amazonでの販売が行われています。以下の購入方法が推奨されます。

レティシアン カナガンドッグフード

出典: 公式サイト

"カナガン"は子犬やシニア犬に与えても大丈夫?

パピーやシニア犬に与えても問題ないです。子犬や成犬、シニア犬にも与えることができる1日に必要な栄養基準を満たした全年齢対応のドッグフード。粒の大きさは子犬もシニアも問題なく食べることができる噛み砕きやすい小粒でドーナツ型。


しかし、与えるときに注意も必要です。子犬の場合、誤った給餌量で与えた場合栄養過多や栄養不足になる可能性があります。まず、少量から与えてみて愛犬の体質に合っているか確認しましょう。子犬のときは、体重が日々変動するので体重をしっかり測った上で与えるようにしてください。


シニア犬の場合は、体力も落ち、太りやすくなっているので給餌量を調整しないと肥満の原因になりかねます。消化器官への負担を考えると、与える回数を増やし、量は少なめにしてあげましょう。

"カナガン"の給餌量は1日どれくらいが正しい?

体重(kg) 1日の給与量(g)
1-5kg 25-80
5-10kg 80-140
10-15kg 140-190
15-20kg 190-235
20-25kg 235-275
25-30kg 275-315
30-35kg 315-360

"カナガン"のQ&A

『カナガン』を子犬・シニア犬に与えても良いですか?

はい、『 カナガン 』はタンパク質が豊富な栄養満点のフードなので、2ヶ月の子犬からシニア犬まで、全犬種・全年齢のワンちゃんに食べていただけます。


 食べやすいようリング状にした小さめの粒は、お口の小さい子犬にも最適です。噛む力が弱い愛犬には、お水でふやかしてあげるのもおすすめです。 

なぜ『カナガン』はお店で売っていないのですか?

私たちは『 カナガン 』をイギリスの生産工場から直輸入し、直接お客様のもとにお届けしています。


 これは、流通にかかるコストや日数をできるかぎり省き、少しでも新鮮なフードを、少しでも手頃な価格でご提供したいと考えるからです。 また、いつ・どなたに・どれだけフードをお届けしたかを全て私たちで把握できるので、お客様からのご相談やお問い合わせに迅速・正確にお答えすることができます。

フードの香りが強いように感じますが、香料を使用していますか?

『 カナガン 』の香りは素材そのものの自然な香りであり、 人工の香料は一切使用していません。高タンパクであるため、お肉やお魚の香りがオーナー様にとって強く感じられるかもしれません が、これはワンちゃんが大好きな香りなのです。

"カナガン"はこんな飼い主さんにおすすめ

原材料にこだわったフード探している方

添加物を避けたい方

穀類を使用しないグレインフリーが良い方

フードの粒ができるだけ小さいものが良い方

中型、大型犬を飼っている方

良質でできるだけ高タンパク質なフードが良い方

必須脂肪酸と食物繊維をしっかり摂りたい方

Amazon、Yahoo、楽天などで購入したい方

海外製の高品質フードが良い方

運動量の多い犬を飼っている方

成長期の1日の消費エネルギーが多い犬を飼っている方

愛犬たちの本来の食事(タンパク質量の確保)と考えると高タンパク質のカナガンはおすすめです。室内犬の運動量の少ない小型犬より、中型、大型犬の運動量の多い犬、成長期の犬などがとくに向いています。


1日のエネルギーの消費量が少ない犬には、カロリーと栄養価が高いため普通の国産フードと同じように食べると太りやすい可能性があります。愛犬の体質に合わせて、栄養と給餌量を調整できない方は難しいかもしれません。


原材料や食材の配合バランスをみてもとくに気になる点は見当たらず、安心して与えることができます。強いて言うと、チキンや卵、じゃがいもなどにアレルギーがあるわんちゃんは注意が必要。アレルギー体質のわんちゃんは避けるのが無難かもしれません。


あとは、保管方法が少し手間ですね。脂質脂肪酸の影響を避けるため開封後は2週間以内を目処に使い切るのが良いです。内容量が2kgあるので、小さい小型犬などにはなかなかハードルが高め。使い切るのが難しい場合は、小分けにして真空パックで保存、またはジップロックなどの保存袋に乾燥剤と脱酸素剤を一緒に入れて保管することが必要です。手間を考えると懸念点ですね。


品質に関しては、食材の選定から管理、製造までペット先進国のイギリスの厳しい法規制もクリアし、安心して与えることができるフード。定期コースをうまく利用すると、お安く海外製の高品質なフードを購入することができます。


定期コースのシステムや金額などモグワンと基本的には同じで、モグワンは内容量が1.8kgなのに対してカナガンは2.0kgなのでコスパが良いのはカナガンです。モグワンの方が初回半額購入があるのではじめやすさはモグワンですが、1日同じ量を食べさせるのであればカナガンの方がお得なのでどちらが良いかは飼い主さんの判断次第です。

レティシアン カナガンドッグフード

出典: 公式サイト
ブログに戻る